So-net無料ブログ作成
検索選択

身体の意識 [ダンス]

最近ラテンダンスを自習する際に、意識を身体の前面から背面に集中するように変えて練習しています。

自分の中でもなんとなく霧がかかったような感じで、霧の向こうがみえたらクリアになるのでは(当たり前ですが…)と言ったような歯がゆい感じがしていました。少し前に友人の身体の仕組みに詳しい(?)方とジャズやバレエの動きと違う使い方なのはわかるのですが、切り替えがうまくいかないと話したところ「見方、考え方を変えてみたらどうか」と助言を頂きました。
今まで、背面の意識が大切だと言うことはわかってはいても、どうしても踊るとなるとお腹を引き上げて、肋骨をしめて立つ意識が先行していました。アームスも身体より前において、骨盤をニュートラルに保てるようにと。
でもアームスが身体より後ろにあってもボディが強ければ、骨盤を保つことは出来ますし、背中が使えている時は腹筋も働いています。いつもと違うところに意識を持っていくことでほんの少しだけ霧向こうが見えたような気がしています。

IMG_1651_2.jpg


社交ダンスのスタジオでいつもチョコレートのお話(だけではないですが)をさせて頂いている先生に、背中の意識のことを伺ったところ、やはり背中・広背筋が大切と教えて下さいました。いつもとてもヒントになるアドバイスを頂いてありがとうございます。

今日はジャイブの振付が少し進みました。なぜかジャイブはすんなり頭に入ってきます。踊ってみせて下さる先生のジャイブはやはり素敵です!先生の動きを良く見て覚えるようにしたいです。

大学院での研究課題は「ダンスのストレスマネジメント効果に関する研究」でストレスをコントロールすることについてす。研究・ダンスに限らず固定観念を持たず、見方、考え方を変えるというのは難しいことだとは思いますが、柔軟に取り組んでいきたいと思っております。身体の柔軟性と同様に(^O^)

さて明日はそろそろ満開の桜の写真をご紹介出来ればと思っております、お楽しみに。


Welcome your click !!
[ぴかぴか(新しい)]人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

[ぴかぴか(新しい)]人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。